保証とその範囲など

ウェディング07自動車の中で、唯一、道路と接しているのがタイヤです。そのため重要なパーツであり、また安全走行のためには必要不可欠なパーツであるとも言えます。ですから日頃から点検をして、場合によっては交換をすることも必要です。安全性を確保するポイントとしては、まずは空気圧が挙げられます。この空気圧が減少していると、弾力が低下してしまっているため、とてもスリップしやすくなり、またパンクの危険性も高くなります。また地面との接触面も大きくなってしまうため、燃費も悪化してしまいますから、経済的にも優しくありません。この空気圧は、ガソリンスタンドなどでも簡単に点検してもらうことができますし、空気を入れてもらうこともできます。それから、タイヤ表面にある溝もポイントです。溝の深さがじゅうぶんでない場合やひび割れなどが発生している場合、やはりスリップの危険性が高くなります。特にスリップサインと呼ばれる、溝の深さが基準値を大きく下回っていることを示すサインが出た場合、それを知りながらそのタイヤを使用し続けることは、道路交通法の違反にもあたります。減ってしまった溝に関しては再生することができないので、この場合は新しいタイヤに買い替える必要があります。こうした安全性を確保するためには、保管環境も重要です。夏場と冬場では、違うタイヤを使用すると言う方も多いかもしれませんが、その際にはできるだけ日光の当たらない、また水分に触れることのない場所で保管することが求められます。そのことで劣化を防ぐことができ、それが結果的には安全性の確保にもつながります。

コメント

コメントを受け付けておりません。