保証とその範囲など

道路の路面状況は自然環境に左右されて大きく変化します。すると、クルマの運転も大きく変化します。安全運転のためには、路面状況に合わせてタイヤを履き替えることです。そのために状況に合わせて様々種類のもが揃っています。たとえば、雪道やアイスバーンなどを走るときは、通常のノーマルでは滑ってしまい走ることができません。そこでチェーンをまいたり、スタッドレスに履き替えたりします。以前はスパイクが付いたものもありましたが、路面を傷めるので今は使用することができません。

雪道やアイスバーンでスタッドレスに履き替えると、全く滑らなくなるわけではありませんが、ノーマルと比べると遥かに安全です。さらに駆動方式が4WDであれば、スタート時の空回りも少なくなります。また、スタッドレスもメーカーによって性能差がありますので、よく比較検討する必要があります。東北や北海道などでは、冬のシーズンが来たら、安全のために春までずっとスタッドレスを使用しますが、普段の生活ではスタッドレスの必要がない方が、冬の山道を走らなければならなくなった場合などは、その都度スタッドレスに履き替えるか、チェーンを巻く必要があります。また、雪道の他にも、雨のときの安全性についても性能差があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。