保証とその範囲など

自動車を運転する際に、最も尊重しなければならないことは何か。その答えは人によって異なるかと思われます。しかし本来であれば、すべてのドライバーが、人命尊重の精神であると答えなければいけないのです。自動車はとても便利な道具です。しかし同時に、人の命を一瞬で奪うことができてしまう、自分の、あるいは誰かの人生を一瞬で壊すことができてしまう道具でもあります。ただし自動車には、便利な道具であるか、それとも人の命を奪う道具であるかと言うことを選択し、決定することはできません。それらを選択し、決定するのは自動車を利用しているドライバーの意思であり態度です。交通事故によって発生してしまった不幸は、どれだけ高額な賠償金を支払ったとしてもなかったことにはできません。そしてそれは、被害者、加害者、その周囲の人すべてに該当することです。しかし交通事故は、どんなに運転に気を配っていても、その時の道路状況や天候、その人の心身の状況などの積み重ねによって発生する可能性があるものです。だからこそ、少しでも交通事故を減らそうと言う意識を持って、人命尊重の精神のあらわれとして、ドライバーができることとして安全運転を行うのは、ドライバーの責任でもあります。またそれと同時、万が一の際にはきちんとした賠償責任を果たすことができるよう、自賠責と任意、両方の自動車保険に加入しておくことも、人命尊重の精神をあらわすひとつの方法であり、ドライバーの責任です。

コメント

コメントを受け付けておりません。