保証とその範囲など

バーベキューなどのイベントで、足りない材料を買いに行くため、友人の車を借りて事故を起こしてしまった。
友人は自動車保険に加入しているので保険で対応ができるが、それでは友人の等級が下がってしまう。
こんな時、自分の自動車保険に、他車運転危険補償特約があれば、友人の保険ではなく自分の保険から対応が可能です。
この特約を使用すれば、自分の保険が優先されます。
友人の来年度の保険料が上がらないので、迷惑をかけることがありません。
ただし、この特約にはいくつか条件がありますので注意が必要です。
まず、自分の契約保険で支払の対象であることが条件です。
自分が車両保険に入っていないなら、友人の車両損害を車両保険で払うことは出来ません。
よく考えれば当たり前なのですが、車を借りる際は自分の保険補償内容を思い出してからにした方が良いです。


また、車両保険が支払対象となるときでも、借りたお車の時価額を限度とします。
自分が高級車に乗っていて何百万の保険金をかけていても、それをそのまま適用できません。
借りた車の時価額を超える修理費用は、自己負担となります。
それから、黙って車を使ってしまって、持ち主がそれを知らなかった場合など、
正当な権利を有するものの承諾を得ないで他のクルマを運転したときも対象外となりますので、ご注意ください。

コメント

コメントを受け付けておりません。