保証とその範囲など

雪が降っている光景は、ある意味、ロマンチックな雰囲気が漂っています。
しかし、現実生活の部分では、大きな危険をもたらすこともあるのです。
首都圏や都市部では、まずは交通網が遮断されたという形でニュースになります。
道路は通行止めのところや渋滞個所が出てきます。
また、電車の遅延や運休、飛行機は欠航と、多くの交通機関が麻痺状態となります。
車の場合は、道路交通法で、冬用タイヤ規制が定められています
最高速度が規制され、次に冬用タイヤ規制、チェーン規制が行われます。
さらに「通行止め」となります。
また、道路が凍りつき、路面が凍結している状態では、スリップ事故が多発しやすいのです。
非常に危険な状態にさらされています。
とりわけ、ブラックアイスバーン現象には、ドライバーとしては気をつけなければなりません。
これは、一見したところ、濡れているような黒っぽい道路に見えますが、実際には、道路の表面が氷の膜で覆われているのです。
つまり、氷の上を走行しているのと同じことになります。
こんな場合は運転をやめ、車を安全な場所に待避させるのが先決です。
どうしても運転しなければならないのであれば、スタッドレスタイヤやチェーンを装着して、細心の注意を払いながら、最徐行で走ることが肝要です。テクスチャー07

コメント

コメントを受け付けておりません。