保証とその範囲など

雪道は、雪の降る地域のドライバーでも非常に神経を使います。普段慣れていないドライバーはなおさらです。

そんな雪国で慣れているドライバーでも苦労をするのが上り坂です。基本的に止まらなければ特に問題はありません。勢いをつけてそのまま上りきってしまえば、通過できるからです。

しかし、上り坂の恐怖はその途中でなんらかの理由で一時停止しなければならないときの、再発進に現れます。坂道発進ですからある程度アクセルを踏まないといけないのに、あっさり空転してまったく上れなくなってしまいます。こうなってしまうと、どうやってもダメで、後ろに続く車もスタックして動けなくなってしまう、大渋滞が発生してしまいます。

上り坂の対策としては、一番はそこを通らなくてすむルートを考えることです。でも、どうしても山の上の目的地に行かなければならない場合は、路肩のあまり踏み固まっていない部分に片側のタイヤを乗せて走るという方法もあります。圧雪状態だと、滑る雪も踏み固まっていないと意外とグリップします。端に寄り過ぎると脱輪しますので、その点は要注意です。

対策で絶対にやらなければならないこととしては、やはりスタットレスタイヤやチェーンなどの滑り止めをちゃんと用意しておくことです。雪の降っている道を夏タイヤで走るのは暴挙以外の何のもでもありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。