保証とその範囲など

テクスチャー02近年、若者や高齢者による事故が目立っていますが、どうして彼らのような運転者は、事故を起こしてしまうことが多いのでしょうか。
もちろん、まともなドライバーや真面目に運転をしている人もたくさんいるのですが、一方で危険な運転や非常に怖い運転をするドライバーも少なくないのです。
まず若者の場合ですが、どうしても好奇心が旺盛であったり、同乗者の友人や恋人にかっこいいところを見せるため、過剰にスピードを出したり、無茶な運転をしてしまうことが多いです。
また、自分の周囲にそのような運転者がいる場合は、自分も同じような運転をしたいと思うのです。
どうしても若者の場合は、周囲に影響されやすい傾向にあるので、それも1つの要因になっているのです。
一方で高齢者の場合は、認知力や判断力の低下によって、状況把握をするのに時間がかかってしまい、それが事故を引き起こしてしまうのです。
高齢者のドライバーが高速道路を逆走したり、歩道を走行し事故を起こすようなことが、ニュースでよく報道されたりしますが、それも逆走や歩道走行を判断できていないのです。
こういった若者や高齢者による事故を減らすためには、もちろんルールの徹底や罰則の強化なども必要でしょうし、一方で運転免許の根本的な見直しも必要かもしれません。

コメント

コメントを受け付けておりません。