保証とその範囲など

地球温暖化が世界的に深刻な問題となっている中で自動車から排出される有害物質を抑制していくことが求められています。このような現状から有害物質の排出量の少ない低公害車に対する注目が高まっています。これには電気自動車やハイブリッド自動車、水素自動車などがあります。自動車メーカー各社が研究、開発を行い普及や実用化を促進しています。この中でガソリンの代替燃料を用いる自動車がバイオエタノール燃料を用いるバイオエタノール自動車です。
バイオエタノール燃料はトウモロコシやサトウキビなどから製品されるエタノールのことです。このエタノールをそのまま使ったり、ガソリンと混ぜたりして自動車の燃料として用います。この燃料の特徴は二酸化炭素の排出を実質的に無くすことが出来ることです。これはカービンニュートラル理論といい、簡潔に言うと原料が植物なので二酸化炭素を出したことにならないという理論です。この自動車は、アメリカやブラジルでは広く普及しています。
一方で問題もあります。まずは原材料についての問題です。原材料であるトウモロコシやサトウキビの中で食料品として流通する量が減り、価格が上昇してしまうということがあります。また、コスト面でも課題があります。バイオエタノール燃料は現段階ではガソリンと比較するとコストは高いです。これは大量生産のためには広大な農地が必要となるためといえます。このような課題を検討していくと伴に日本に合った環境負荷の少ない自動車のベストミックスを探っていくことが求められます。テクスチャー10

コメント

コメントを受け付けておりません。