保証とその範囲など

ウェディング12交通事故は、様々な状況下において発生しうるものです。しかし一方で、ある程度の限定された特徴や原因も明らかにされています。たとえば発生時間帯については、夕方から夜中にかけてが多く、これは帰宅に伴い自動車を運転する人が多くなるため、また夜中にかけては無謀運転をする人が出てくるためだと考えられます。また少しずつ暗くなっていくことから、運転に必要な視覚からの情報が確保しにくいと言う点も理由として挙げられます。発生場所としては、やはり交差点やその付近が多いようですが、見晴らしの良い一本道でも、だからこそスピードを出し過ぎて単独でスリップ事故を起こしてしまったり、車線をはみ出して対向車と激突してしまうと言うケースの事故も少なくありません。法令違反としては、スピード違反、安全不確認、一時停止無視、わき見運転などが目立ち、最近ではスマートフォンや携帯電話などを操作しながらの運転、それによる事故も多いようです。このような特徴的な交通事故は、いくつかの偶然が重なってことによって発生したために、完全に防ぐことが難しかった事例も多くあるかもしれません。しかし、ドライバーの心がけで防ぐことができたかもしれない事例もあるのも事実です。交通事故の悲惨さは、加害者にも被害者にも、そしてその周囲の人たちにも及ぶものです。加害者が社会的制裁を受け、高額な賠償金を支払ったとしても、被害者の方が交通事故によって受けた体の痛み、心の痛み、あるいは恐怖が完全に消えることは絶対にありません。そうした悲惨さを認識し、少しでも交通事故の減少に努めるのがドライバーとしての役割であり責任です。

コメント

コメントを受け付けておりません。