保証とその範囲など

自動車を安全に公道を走行させるには、各パーツの点検作業が必要です。運行前点検などとして推奨されている内容もありますが、タイヤに関しては事情に重要な要素があります。一般的にはスリップサインというものが溝の部分に設置されていて、スリップサインが表面に出てしまってトレッド部分と同じ高さになっている場合では、交換時期が来ていると判断することができます。しかし、インチアップなどを行って、幅広いタイプを履かせている方のケースでは、いわゆる方減りを起こしてしまっている場合もあります。そのため、スリップサインは1つだけではなく、必ず左右のサインを見逃さないことも大切になります。もしも交換時期が来てしまっている場合では、できるだけ早期に交換を行うことが必要になり、擦り減っている1本だけを交換することは可能ですが、一般的には2本単位、若しくは4本すべてを交換する方法がベストということもできます。交換の手順に関しては購入店などで行ってもらうこともできますが、自宅で自らが手掛ける場合ではジャッキアップを行った上で、ナットを外して付け替えを行うだけの作業です。ただし、新しいものに履き替えを行った場合では、バランスを取る必要もあり、専門店に任せることでクリアできます。

コメント

コメントを受け付けておりません。