保証とその範囲など

低公害車というのは、自動車から排出される大気汚染物質の量が少ないか、またはまったく排出されないような自動車のことを指しています。この場合の大気汚染物質としては、二酸化炭素、窒素酸化物、粒子状物質などがあり、燃料電池自動車、電気自動車、天然ガス自動車、ハイブリッドカーなどが一般的には知られていますが、ガソリンエンジンのものであったとしても、最近の排出基準に適合しているものについては、そのなかまとして含めている場合もあります。
こうした低公害車の定義については、使われる文脈によってまったく異なっていますが、たとえば東京都をはじめとする首都圏の9つの都県と政令指定都市では、自動車公害への対策として、低公害車を指定する制度を設けていますので、この指定を経たものが「低公害車」ということになっています。
より具体的には、「九都県市低公害車指定指針」とよばれる指針を制定し、自動車の排出ガスに含まれる窒素酸化物、非メタン炭化水素、粒子状物質の量について、また燃費の基準について、それぞれ一定の数値を設けていますので、それを達成したものが該当することになります。こうした指定を受けた自動車については、そのことを示す証票を貼付することができることになっています。テクスチャー09

コメント

コメントを受け付けておりません。