保証とその範囲など

たくさんの種類があるエコカーの中で最も早く商品化してエコカーの代表的な存在になったのが、ハイブリッド車です。ガソリンと電気を動力にしています。高速走行時には充電して低速から発進する時に電気を使うので、ガソリンを消費するのが最も大きい部分をカバーできます。低排出だけでなく低燃費なので人気があります。電気自動車は、電気をエネルギーして走るエコカーです。走行時は二酸化炭素や排気ガスを全く出しません。最も地球環境に優しい仕組みですが、走るのに必要な電気を充電するのに長い時間がかかります。また車の本体価格が非常に高いので、商品化するまでに課題が残っています。CNGやNGVなどと呼ばれるのが、天然ガス自動車です。燃料の天然ガスは石油と違って排気ガスに含まれる有害物質が少ないです。石油より埋蔵量が多いので、燃料費を大幅に削減できます。路線バスに利用されることがありますが、車体価格が高いことやクリーンディーゼルエンジンの改良などでそれほど普及していません。第3のエコカーと呼ばれるのは、従来のガソリン車の技術を向上して燃費を向上させたものです。ガソリン1Lで30km以上の燃費を実現しており、価格も安いので普及率が高いです。テクスチャー11

コメント

コメントを受け付けておりません。