保証とその範囲など

自動車任意保険はその保険内容によって大きく保険料が変わります。その中でも多くの方が選ぶのが、年齢制限や夫婦限定など、補償対象となる運転者を限定して保険料を抑えるタイプのものでしょう。運転が未熟な若い人は事故を起こしやすいために保険料金が高くなります。そのため逆に、たとえば30歳以上の方は30歳未満を負担保にすることで保険料を抑えることができるのです。また、さらに運転者を限定することで保険料を抑えることができる場合もあります。


しかし、このように運転者を限定した保険に加入している場合、人に貸す場合には注意が必要です。基本的には人には貸さないのが無難です。同様に、人の車を運転する場合も注意が必要です。その車がどのような保険に加入しているのかを尋ねることが大切です。もしかしたら、運転者を限定しているために、無保険車を運転することになるかもしれないからです。

また、仮に保険が担保されている車であったとしても、保険内容次第では事故を起こしたときに対応しきれず、大変なことになる可能性もあります。他人が所有する車を運転する場合は、そのようなリスクがあることを理解した上で運転する必要があります。他人に貸すときも同様です。

コメント

コメントを受け付けておりません。