保証とその範囲など

テクスチャー01交通事故の中でも、スピード違反や脇見運転は特に多い事故要因だと言えます。
スピードが出すぎると、一時不停止による安全不確認によって、他の車や歩行者との事故が起きやすくなります。
また、注意が散乱してしまうので、目の前の車や障害物の認識が遅れて、ブレーキを踏む遅れ事故を起こしてしまうのです。
スピード違反による事故は、他人に対するリスクはもちろん、自分に対するリスクも高めてしまうのです。
スピードを抑えていれば、もし仮に事故を起こしてしまったとしても、そこまで大きな事故にはならなかったかもしれません。
しかし、スピードを出していたことによって、事故の時の衝撃が強くなってしまい、死亡事故の確率を高めてしまうことになるのです。
例えば、時速40キロで壁にぶつかるのと、時速80キロで壁にぶつかるのとでは、衝撃度が大きく違ってくるのです。
だからこそ、法定速度はしっかりと守り、安全確認は常に行うようにして、一時停止が必要な場所では、しっかりと停止して左右を確認しなければいけないのです。
スピード違反をして、もし事故を起こさなかったとしても、結局警察の取締まりによって、免許停止処分などを喰らう可能性が高いので、何もいいことはないのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。