保証とその範囲など

近頃は温暖化の影響からか、ゲリラ豪雨が多発したり、竜巻やひょうなど以前では考えられなかった災害による被害が拡大しています。一般的にこのような自然災害による車の被害については、車両保険に加入していない限り保険金は支払われません。車両保険は交通事故の際に車の被害を補償してくれるものとして知られていますが、自然現象がもたらす災害の被害についても補償対象となるのです。


ただし車両保険に加入していても保険金が支払われないケースがあります。台風や大雨がもたらす水害による被害や、それらが原因で起こった火災による被害、竜巻、大雪、ひょうなどについては車両保険の対象になりますが、地震や津波による被害については車両保険の対象外となります。また火山の噴火による被害も車両保険は適用されません。さらに自然がもたらす災害により運転者や同乗者に人的な被害が及んだ場合、対人賠償や対物賠償保険の保険金についても支払われない可能性があるのです。
これらの災害に対しては、一部の損害保険会社で特約を設けて対応しているところもありますが、この特約を付加させた場合は当然保険料も割高になってしまいます。また取り扱っている保険会社も一部の大手だけですので、一般的にはなじみが薄いのが現状です。

コメント

コメントを受け付けておりません。