保証とその範囲など

積雪がある日は、いつもよりも早めの行動を起こすようにし、余裕を持った運転ができるように心がけることが大切です。
あらかじめ積雪の可能性がある地域では、冬用タイヤに取りかえておくようにします。
そして、凍結などで特にスリップしやすい場合には、タイヤチェーンを装着するなど安全に運転できるように準備すると良いです。
ブレーキを踏んでから車が停止するために必要な距離は、積雪した路面では乾燥した舗装道路に比べて3倍以上になります。
そのため、積雪の日に運転するときの車間距離は、いつもの3倍以上を取るように気を付けるようにします。
吹雪など視界が悪い場合には、昼間でもライトをつけるなどして自分の車の存在がわかるようにすると良いです。
また、急発進や急加速、急ハンドルや急ブレーキなどは思わぬスリップや横滑りの原因ともなるためやらないようにします。
発進するときは、アクセルをやんわり、ゆっくりと踏み込むように心がけます。
カーブや交差点を曲がる時には、手前で十分に速度を落としてから進行し、曲がり終わってから徐々に加速するようにします。
積雪の運転に慣れていない人が積雪した道を運転するときには、特に普段との運転感覚と異なることに十分注意が必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。