保証とその範囲など

燃料電池自動車、いわゆるFCVは燃料電池と言う仕組みを使って水素と酸素の化学反応によって発電した電気のエネルギーを使用して走行する自動車の事を意味する言葉です。電気を使ってモーターを回す仕組みですので電気自動車の様にも思われますが、電気自動車との違いは自動車の中で発電が出来ると言う点です。そしてその燃料に使用するのが水素なのです。これまでのガソリンとの大きな違いは環境汚染物質をほとんど出さないという低公害性が挙げられています。
水素を燃料として発電する際に排出されるのは水だけです。そのため環境汚染を引き起こさないという点で非常に優れた性能を持っていると言えるでしょう。水素は水の電気分解で作ることが出来る非常に豊富な成分ですのであらゆるエネルギーを利用して水素を生産することが可能です。
今はまだ水素を補給するスタンドの普及は進んでいませんが、将来的にFCVが普及する時代が来るようになれば現在の様なガソリンスタンドは徐々に水素ステーションにその役割を譲って行くことになると考えられています。既に商品化されている車両も存在しており、次世代のエコカーとして世界的に注目を集めている車両の一つとして評価されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。