保証とその範囲など

LPG自動車とは

カテゴリー 未分類

LPG自動車は、燃料にLPG(液化石油ガス)を用いた自動車のことです。燃料をLPGとする以外はほかの自動車と変わりありません。最初からLPG専用として製造されている自動車もありますが、必要な部品を取り替えることで既存のガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車から改造することができます。
LPG自動車といえば日本ではタクシーに広く使われていますが、一般車にはあまり使われていません。この理由としてはLPG自動車の特徴が大きく影響しています。
LPG自動車のメリットとしてはLPGはガソリン税などの税金が掛からないので価格が安いという点で、また排気ガスもクリーンでエンジンへの負担も低いためエンジンオイルが長持ちするといった点があります。しかし、一方で燃費がリッター10キロほどでありLPGを補給できるスタンドが少ない、またボンベにLPGを保管するためボンベの定期メンテナンス費用が掛かるといったデメリットがあり、またパワーもガソリンを使うものに比べて低くなります。
このため毎日走行し運転前後に点検を行うようなタクシーであれば効率よくLPG自動車を使えますがそれ以外の場合にはガソリン車を保有するのに比べてコストが割高になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。