保証とその範囲など

雪のなか車を運転することはなかなか怖いですよね。スリップが事故を引き起こす可能性があり気が抜けません。
そこで、雪が降る前に備えておきたいすべり止めグッズを紹介します。
まず雪道の定番と言えばチェーンでしょう。チェーンには金属タイプとゴムやウレタンなどの非金属タイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。
金属タイプのメリットは「凍結路に強い」「価格が安い」、デメリットとしては「走行中の振動や騒音が大きい」「切れやすく大型車には向かない」などがあります。
非金属タイプのメリットは「乗り心地が良い」「性能のバランスが良い」「用途に合わせて選べる」、デメリットは「収納性が悪い」「価格が高い」などがあります。
またチェーンというと取り付けがめんどうというイメージがありますが、いまはワンタッチタイプのチェーンが販売されていますので、簡単に装着することができます。
それでもチェーンをつけるのはやっぱりめんどうだ、というあなたは思い切ってスタッドレスタイヤを付けてしまいましょう。積雪のなかも快適に走行することができます。
しかしスタッドレスタイヤではつるつるの凍結面には対応できません。チェーンとスタッドレスタイヤを賢く使い分け、安全な冬のドライブを楽しみましょう。テクスチャー04

コメント

コメントを受け付けておりません。