保証とその範囲など

ウェディング13交通事故の原因は色々考えられるのですが、統計を確認してみるとそこには原因に偏りがある特徴的な事故実態があるのです。
事故原因として特に多いのが安全不確認です。安全を確認すべきシチュエーションとしては、例えば一時停止がありますが、時には標識を見落としてしまって交差点に進入してしまったり、標識を確認しているものの、確実な停止や十分な減速をしなかったなどの理由で事故になってしまうようなことがあります。運転に対する油断が招いた事故と言えますので、標識を見落とさないように注意するのはもちろん、標識がなぜそこにあるのかというその意味を考えて運転することが大切です。
続いて多いのが脇見運転です。運転中にも関わらずスマートフォンやカーナビを見ていたり、景色や対向車線などで起こった事故などに気を取られて自らが事故を起こすようなケースがあります。一瞬でも前方から視線を外すことによって状況が一変するようなこともありますので、脇見をすることのリスクをよく理解することが大切です。
動静不注視も事故原因として少なくありません。要は思い込み運転のことですが、例えば脇道から出てくる車がいても、「出てこないだろう」という思い込みで減速をしなかったら脇道から飛び出てきてぶつかるようなケースもあるのです。これこそ思い込みであり、事故のリスクを高めてしまいます。

コメント

コメントを受け付けておりません。