保証とその範囲など

交通事故の悲惨さは、事故を起こしてしまった側、加害者にも、そして事故に巻き込まれてしまった側、被害者にも当てはまることです。まず加害者に対しては、運転当時の状況や事故の大きさに基づいた社会的制裁が下されます。それによって失う社会的な信頼や平穏な生活と言うのは、計り知れないほど大きなものです。また発生した損失に対しての賠償責任も発生します。しかし、起こしてしまった事故が相手の命を奪う事案であった場合、どれだけ賠償金を支払ってもその人の命は二度と戻ってきません。自動車を運転している最中に自分が誰かの命を奪ってしまったと言う現実と一生、向き合う必要があると言うのは、とても辛いことです。そして被害者にとっては、肉体的、精神的なダメージを負うと言う悲惨さがあります。特にその人が命を落としてしまった場合、あるいは大きなケガや重い後遺症を負うことになったと言う場合、それはその人本人だけではなく、その周囲の人にも多大な影響をもたらすことです。また仮に軽症で済んだとしても、事故に巻き込まれたと言う経験からくる不安感、プレッシャーは相当なものです。外出もままならない、自動車を目にするのも嫌になってしまい、日常生活を送るのが難しくなるケースも考えられます。交通事故は、どんなに気をつけていても、その時の道路状況や天候などの要因が重なることで発生してしまうものです。だからこそ、特に自動車を運転している人は、自動車が時には簡単に人の命を奪う道具にもなると言うことを認識して、細心の注意を持って運転する必要があります。歩行者や自転車を利用している人も、周囲との調和をはかり道路を利用することが求められます。

コメント

コメントを受け付けておりません。