保証とその範囲など

交差点での事故において、よくあるのが出会い頭の事故です。その種類も様々ありますが、たいていの場合は一時停止しなければいけないところでそのまま交差点に進入し、もう片方から進入してきた車と衝突したり、信号が黄色から赤に変わり、強引に突っ込んだ結果、青信号が点灯するより少しだけ早く発進しぶつかったりと、どちらか一方、もしくは双方の確認不足が最大の要因といえます。

信号のない交差点だと、こうした出会い頭の事故はさらに増える傾向にあります。特に、住宅街の見通しがあまりよくないところなどで続発します。これは、そんなに人通りもないから大丈夫だろうとか、こんなところ車なんか走らないだろうといった思いこみが主たる要因であり、こうした危機意識の欠如が惨事を招きます。また、どれだけ一時停止しても、お構いなしに猛スピードで突っ込んでくる車もいますし、こちらが車体の一部をのぞかせても、どちらかが譲らなければ結局は衝突してしまいます。

こうしたものを防ぐには一時停止などの標識があるところではしっかり守ること、住宅街では特に慎重を期すること、信号機のついたところでは無理に交差点に進入しないことなど基本的な交通法規を守ることがとても大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。