保証とその範囲など

雪道を安全に走るために金属チェーンを利用する方も多いと思います。チェーンには金属の他にゴム製もありますが、深い雪の場合や重量の重い車では金属が有効であると考える方が多いようです。金属製を装着する際にはある程度の広さが必要です。金属製の場合は装着する際、タイヤの前に広げて、ある程度踏ませてからタイヤの上で装着をします。そのため、駐車スペースで2台あら3台分ほど縦に必要になりますのでパーキングで行う場合は注意が必要です。慣れてくればスペースは少なくてもいいという方もいます。ゴム製の場合は金属よりも簡単ですが、基本的につけ方は一緒です。金属製は雪道でもよく噛みますが、雪がない路面が続くようならすぐに外すことをおすすめします。タイヤチェーンは切れにくい素材でできていますが、それでもアスファルトやコンクリートなどで長時間走ると切れてしまします。ゴムの場合はさらに切れやすいので注意が必要です。もし、走行中に切れた場合はすぐに路肩に寄せて外すことが必要です。切れた金属はそのままボディーを叩くことが多く、損傷が激しくなります。金属製のチェーンはどの車両にでも使えるようにサイズに融通が効きますが、スポーツカーなどタイヤハウス狭い場合には利用できないこともありますテクスチャー06

コメント

コメントを受け付けておりません。