保証とその範囲など

車を新しく購入する時には、いきなり決めてしまう前に試乗をして乗り心地やアクセル、ブレーキの癖を確認しておくことが非常に有効です。
特に大きさが今まで乗っていたものと大きく変わると、運転席からの視界や後方の感覚にも違いが出てくるので、取り回しの具合なども確認しておくと安心です。
それと同時にハンドルのフィーリングなどもしっかりと体感しておくことも重要です。
一般的なセダンなどに比べ、ミニバンやワンボックスタイプのものになると、運転席に対するタイヤの位置も変わってくるので、コーナリングやパーキングでの操作性に大きな違いが出てきてしまいます。
また、ブレーキやアクセルのフィーリングも非常に重要なポイントです。
最近はドライブトレーンにCVTを採用している物も多くなっているので、アクセルを踏んだ時の加速性やクリープ現象のフィーリングにも違いがあることが多くあります。
実際に購入してからこれらの違和感に気づいても、取り返しっがつかないことになりかねないので、試乗の段階でしっかりとフィーリングの癖を掴んでおくことが大切です。
同じグレードのものでも、メーカーが違ったり、エンジンの大きさが違うだけでもかなりの違いがあることも多いので注意が必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。