保証とその範囲など

ウェディング14携帯電話が普及したことによって、それを使用しながらの脇見運転も増加してしまいました。
当然ですが、携帯電話を使用しながらの運転は、注意がそちらに分散してしまうので、それだけ交通事故を引き起こす確率が高まってしまうのです。
例えば、信号が赤であるにも関わらず、それに気づくのが遅れてしまい、赤信号のまま交差点に侵入して、事故を起こしてしまうケースもあります。
あるいは、前の車が止まっているにも関わらず、携帯の方に意識がいってしまい、そのまま前の車にぶつかってしまうケースもあるのです。
もちろん、何も携帯電話だけに限ったことではなく、他にもカーナビやテレビの方に視線がいき、それが原因で事故になってしまうこともあります。
きっかけはなんであれ、脇見運転は交通事故のリスクを大きく高めてしまうのです。
ただ、その中でも携帯電話は、使用頻度が非常に高いこともあり、特に取り上げられることが多いのです。
ありがちなパターンとしては、信号待ちや渋滞中に携帯操作をして、車が走り出してからも操作を続けてしまうケースが多いのです。
車内で携帯電話を使用する場合は、必ず車をどこかに停めて、完全に停止した状態で使用するようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。