保証とその範囲など

安全なドライブの為にも定期点検でタイヤをチェックすることが大切です。
チェックポイントとしてまずスリップサインが出ていないかどうかを確認してみましょう。普通車の場合ですとスリップサインは1.6ミリの状態で出るのですが、サインが出ている時には寿命ということです。溝が擦り減っている証明ですし、そこからさらに乗るとブレーキがきき難くなり危険ですので早めの交換が必要です。
側面にヒビが入っていないかどうかもチェックした方が良いでしょう。ゴム素材ですので次第に硬くなってヒビが入ってしまうことがありますが、ヒビが確認できる時は要注意です。硬くなったゴムは弾力が低くブレーキがきき難くなっていきますし、時には走行中にバーストしてしまう恐れもありますので、ヒビが確認できる場合も早めに交換が必要と言えます。
その他にも異物の有無についても見てみましょう。路上には異物が落ちていることがありますが、それゆえにガラスやクギなどが刺さってしまっているようなこともあります。もし異物によってダメージがある場合は補修や交換が必要ですし、気付かずに運転を続けてしまうと走行中にパンクをすることもありますので確認してみた方が良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。