保証とその範囲など

自動車保険の契約は、保険約款という決まりごとにしたがって運用がなされています。そのため、通常は「免責事由」といって、事故が起こっても保険金が支払われないケースがあらかじめ定められています。
その具体例としては、故意の事故や犯罪を目的とした事故があります。自殺のように事故を起こすことが運転の目的であった場合、酒酔い運転など事故のリスクが高い危険な行為であることが客観的にも予見できたような場合、詐欺を目的として自然な事故をよそおった場合などがそれにあたります。
また、事故を起こしたのが保険契約ごとに定められた被保険者に該当しない場合も挙げられます。通常の保険契約であれば、保険証書に記載された本人とその家族などが起こした事故であれば補償の対象となりますが、第三者に車を貸していて、その人が運転中に起こした事故については、補償の対象外となることもあります。


さらに、保険契約で補償される目的と異なる場合についても不払いの原因となります。例えば、対人賠償保険は他人の人身に対する損害が目的ですので、相手にけがや死亡といった損害を与えた場合は支払い対象ですが、相手の車や路上の電柱などの物についての損害は対象外となっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。