保証とその範囲など

自動車を運転するとマフラーから排気ガスが放出されますが、これは環境に悪影響を与えるもとにもなっています。
そのため、できるだけ有害物質を少なくするようにした仕様の自動車がそれぞれの自動車メーカーで開発されており、すでに全国で供用されています。
このような取り組みは、国としても応援して、環境負荷の低い自動車をさらに普及させることがたいせつですので、低公害車の優遇税制とよばれるものが設けられています。
より具体的にいえば、国土交通省が定めた低排出ガス車認定制度による認定を受けていて、なおかつ一定の年度における燃費基準を達成した自動車については、グリーンラベルとよばれるステッカーが交付され、自動車税や自動車取得税の税額が軽減されるようなしくみになっています。
このグリーンラベルの表面には、星のような記号が描かれていますが、この星の数が多いものほど、税制面で優遇される割合が高いものといえます。
現在ではさらに環境性能にすぐれた自動車の優遇税制を促進するため、新グリーン税制とよばれるものも施行されていて、とくにガソリンと電気を組み合わせて排気ガスの軽減に努めているハイブリッド車などの優遇の度合いが大きくなっています。テクスチャー12

コメント

コメントを受け付けておりません。