保証とその範囲など

ドライバー保険とは、車を所有していない人が入る保険です。
運転する人に保険がかかっているので、人から借りた車でもレンタカーでも、補償されるようになっています。
ただ、親族が所有している車や会社名義の車には適用されないので、注意が必要です。
加入するメリットとしては、人の車でも自分の保険で補償を受けられることです。
借りた車の所有者が加入している保険の適用範囲が、本人だけか本人と家族のみになっていた場合は、事故を起こしても補償が受けられないため困ります。
そんな時、運転する人に保険がかかっていれば安心です。


また、運転者が限定されていない保険なら補償が受けられますが、次回の契約の時に等級が下がって保険料が高くなるので、車の所有者に迷惑をかけてしまいます。
人から車を借りて運転する機会がある人は、自分自身に保険をかけておく方が安心できます。
ただ、気になるのは掛け金についてですが、中には1日単位で加入できるものもあって、非常に安くすませられると評判です。
事前に登録をしておけば、必要な時に電話で申し込むだけで利用を開始することができるので、とても便利です。
年に数回程度だけ、車を借りて運転する人におすすめです。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。