保証とその範囲など

近年、地球温暖化などの環境問題が地球全体の問題となり各国が協力し改善に取り組んできました。
先日、行われたCOP21でパリ協定が採択されました。これは石炭や石油などの
化石燃料に依存しない社会を目指し各国が目標を設定し改善を行うものです。
そのような状況の中で多くの人々の足である自動車も変わらなければなりません。
大気汚染や地球温暖化などの公害を少なくする為に天然ガス自動車、ハイブリッド自動車、
メタノール自動車、電気自動車などの低公害車が開発されています。
その中でも電気自動車は走行時に排気ガスを出さず地球環境に影響を与えません。
経済面でも夜間電力を使えば従来のガソリン車よりも経済的になりますが
自宅に設備を整えたり対応したガソリンスタンド等で充電する事になります。
従来のガソリン車のような騒音も出さずとても静かに起動し走行する事が特徴でもあります。
電気自動車の速度は従来車より遅く見られがちですが100km以上出すことが出来ますので
もちろん高速道路を走ることも出来ます。
一回の充電で90km~200kmほど走ることが出来るので普段の生活にも十分に利用できます。
中国やインド、急速に発展している発展途上国などの人口の増加や発展に伴い更なる
環境保護が求められるなかで、ガソリン車から電気自動車にこれから推移し世界中の人々の足となっていくことでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。