保証とその範囲など

保険の補償範囲の捉え方

保険の補償範囲の捉え方は自分と自分以外の損害と物への損害の3つに分けて考えられます。そのため、保証の範囲を契約時に決めることで料金が変動します。一番重要で設定する方が多いのが、対人間へ補償です。事故にあった人すべての人の補償内容を決めることになりますが、人間への補償はほとんどの方が無制限に設定するようです。また、対人でも同乗者への補償は別に設定することが多いようです。同乗者の場合無制限とすることはなく、数千万円の補償と設定する方が多いようです。対物についてはほとんどの方が無制限にする場合が多いようですが、数千万円で設定する方も少なくないようです。対物の考え方は自車は入りません。あくまでも運転している車以外の保障となります。また、保障の内容は物の価値で決まります。その際問題となるのが、相手の車が価値がないと判断された場合です。この場合、修理費用が発生せず、修理費用は持ちだす必要があります。このような無価値の車との事故を想定して各社とも無価値の車向けの保障を行うオプションを用意しています。最低限、次の車が買える程度の保障を行えるオプションです。補償の範囲は人それぞれ考え方が違うので自分にあった補償にしている方が多いようです


ウェディング01